ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
ベルゲンのフィヨルド
何故かこのところベルゲンが懐かしい。
ノルウェーの世界遺産にもなったこの港町を僕は二度訪れている。
初回はストックホルムからの日帰りの旅。
ブリュッゲンの波止場を散策し、グリークの山荘を訪れただけのあわただしい旅だった。
2回目は、金沢医大の塚田教授夫妻をお連れして、ゆっくりと2泊することができた。
b0084241_20274757.jpg

それはコペンハーゲンの学会を終えて、折角だしどこかもっとスカンディナビアをお見せしたいと、あれこれ思い悩んだのである。
当然ストックホルム、オスロー、ヘルシンキなどが頭に浮かんだだが、ここはやはりフィヨルドをと思い、ベルゲンを選んだ。
幸いベルゲンを起点とした“フィヨルド・イン・ア・ナットシェル”というツアーがある。
二泊三日のベルゲン滞在の中日をそれに充てることにした。

早朝、ベルゲン発の急行に乗りこむと、列車は針葉樹に囲まれた湖のわきをひた走る。
ミルダールでローカル線に乗り換え、フラム谷の急勾配を下りて、ソグネ・フィヨルドにたどり着く。そこから遊覧船でフィヨルドの景観を楽しみながらクルーズを続けると、グドヴァンゲンの波止場に到着する。そこで大型バスに乗り換え、つづら折りの急坂を上り、山頂の村ヴォスで列車を捕まえ、ベルゲンに戻る。
ナットシェルとはよく言ったもので、一日でノルウェーの自然とフィヨルドが堪能できる。

フィヨルド巡りの時、同じ列車に乗り合わせた日本人夫婦とお近づきになった。御主人は理研にお勤めの科学ジャーナリストで、ご夫人はゲド戦記の翻訳で知られる児童文学者清水真砂子さん(旧姓)だった。
翌日、グリークの山荘を訪れると、又そこで御夫妻にお会いした。縁は異なもので、以来御夫妻とは交流が続いている。

針葉樹に囲まれた神秘的な北欧の湖。
想い出すだに吸い込まれそうな魔力を感じる。“フィヨルドの精”のなせる業だろうか。
[PR]
by n_shioya | 2013-11-29 20:28 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 安倍首相にNoを突きつけよう 安倍首相を弾劾する! >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム