ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
スタバのコーヒー
スターバックスのコーヒーは旨い。どこがどう違うのか、たまたま僕の好みなのか、店の雰囲気にもアメリカが漂っている。

b0084241_22494916.gif昔アメリカではコーヒー一杯で、何時間も過ごすという習慣は、グリニッチ・ヴィレッジでしか味わえなかった。
今は亡き岡田謙三画伯と、窓際のカウンター席で道行く人を飽かず眺めていたことを思い出す。
それからヴィレッジの一角で道が斜めにクロスしたコーナーには、オー・ヘンリーというステーキ屋があった。床一面におがくずが敷いてあったのが印象的だったが今でもあるだろうか?・・・
ところでスターバックスはシアトルでスタートしたと聞いているが、それはあのメルヴィルの「白鯨」に出てくる第一航海士の名前ではなかったろうか。
b0084241_22501482.jpg

確かあの小説の始まりは、ナンタケットを望むニューイングランドの漁港から始まったような気がする。その町の旅籠屋で漁師たちがクラムチャウダーを啜るあたりから。
そのスターバックスがなぜ、シアトルが発祥の地のコーヒー・ショップの名前になったのだろう・・・

長男と次女の二家族を従えてナンタケットへ渡ったのはもう十年以上前だったかな。
準備不十分の為、ニュー・ヨークからレンタカーを飛ばし、最終のフェリーになんとか間に合い、翌日は幸い晴天に恵まれ、島のサイクリングと名物の海鮮料理を堪能した二泊の旅だった・・・
など、コーヒー一杯でジェームス・ジョイス張りに、“意識の流れ”が延々と続いたのは、年度末、いや「年貢の納め時」が近づいてきたからかもしれない。
[PR]
by n_shioya | 2013-12-12 22:50 | 食生活 | Comments(0)


<< シクラメンとクリスマス この世の天国 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム