ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
手のアンチエイジング
最近お亡くなりになったが、東京芸大に中尾喜保と言う名物教授がおられた。
専門は美術解剖学で、我々は医学部の学生時代に解剖学の授業の一部として「生体観察」という講義を受けたものである。
そのユニークさについてはどこかで書いた覚えがあるが、僕が一回もさぼったことのない唯一つの講義とだけ申し上げておこう。
b0084241_1751941.jpg

その中尾助手(当時)がこう言われたのを今でも覚えている。
“君たち、女性の年はまずどこに現れるか知っとるかい?
それは二の腕だ。そこにまず皮膚の弛みが生じ、しかも最も隠しにくい。”
なるほど、そういうものかと感心したものである。
その後、メスでエイジングと戦うようになって、顔の若返りはある程度可能だが、傷跡の問題でいまだにアンタッチャブルなのは二の腕の弛みであることは実感させられた。
b0084241_17513385.jpg

だが、それ以上に患者が気にしてなおかつ、対処に困ってきたのが手の加齢である。
ある意味で、手は顔以上に人目にさらされると言える。
しかもお化粧が難しい。剥がれやすいし、不自然な感じを与える。
皮膚の老化の原因の8割は紫外線とされているが、手は日光に対する露出度が最も多いため、シミ、たるみを生じやすく、しかも最も目立つ箇所である。
だが、その治療が困難なため、美容外科医は今まで手をつけるのを避けてきた。

それが最近では、真正面から取り組まれるようになってきた。
結論から言うと、最近のレーザー、ケミカルピール、美白剤をうまく使いこなすことで、しわ、シミ、特にシミはある程度改善可能になったという。
ただ、再発予防のための紫外線防止が、顔以上に大事なことは言うまでもない。

だがまだ弛みに大しての効果的な方法はないようである。
僕の記憶では、50年ほど前、小指の付け根から手首にかけて、手背にL字型の切開を入れ、たるんだ皮膚を切除するという手術の報告があったが、その後、追加報告は見かけない。
やはり傷跡の割に効果が薄いということだったのだろうか、
当面はシミが薄くなるだけでも良しとしなければならないようだ。
[PR]
by n_shioya | 2013-12-15 17:53 | アンチエイジング | Comments(0)


<< 砂の足跡 「アヤメ」ヘッセのメルヘン >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム