ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
スパ文化
寒さが続くと温泉が恋しくなる。
アメリカ留学の八年間、一度も日本食が恋しくなったり、更に言えば日本に帰りたいとは一瞬たりとも思ったことのない僕だったが、一つだけ懐かしく思い出すものがあった。
それが「温泉」である。

僕にとっての「温泉」は、山間の、出来れば渓流のほとりにたたずむ鄙びた日本の宿。
湯煙りと共に夕餉の香りも漂ってくる、まあ、手っ取り早いところでは、箱根の早川沿いの、木賀、底倉、宮の下そして強羅といったイメージであった。
勿論、駿河湾の雄大な落日を楽しめる、伊豆の西海岸の宿の露天風呂も悪くはない。
日本の温泉文化は世界に冠たるものである。

今若い女の子の間では“温泉ブーム”だそうだが、所謂温泉街はオジン臭いのでとお呼びでないという。
日本の温泉文化はそれなりに尊重するとして、今の若い人が求めているのは、新しいスパ文化ではなかろうか、例えばヨーロッパ風の。
b0084241_21464258.jpg

と考えて、以前、日本にもヨーロッパ風のスパ文化を起こしたいと思い、ドイツ、フランス、イタリアなどのスパを廻ったことがある。
スパの老舗バーデン・バーデンでは、市長に招かれて市庁舎まで出向いた。長身でブロンドの魅力的な女市長だった。
彼女の意見は明快であった。
スパには三つの要件があるという。
まず、劇場。その時僕たちは、幸いなことにキリアンの三つの舞踊団の合同公演を見ることが出来た。
そしてカジノ。立派な造りである。昔ドストエフスキーがスッテンテンになって追い出されたという。
更には競馬場。残念ながらその時にはレースが行われていなかった。
つまり、スパでの保養は長期ステイを前提としているわけだ。

というわけで日本にヨーロッパ風のスパ文化を導入するのは至難の業といえる。
だが、まだ未練は残っている、アンチエイジングの為にも。
[PR]
by n_shioya | 2013-12-21 21:46 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented by みや at 2013-12-22 00:36 x
その3つに‘エステ’を加えていただきたいです。

話は変わりますが、今月に入って政治系ブログが相次いで閉鎖されました。特定秘密保護法案が可決されたためです。寂しいし恐ろしいです。日本はどうなるのでしょう?
Commented by n_shioya at 2013-12-24 20:50
みやさん:エステはスパの前提ですので。


<< ついに風邪を引きました キリストと自由の女神 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム