ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
魯山人との出会い
“何、写真を撮りたいだと!
だからあいつらは嫌いなんだ、写真、写真とうるさく言いやがって。”
怒声が響いた。
大勢の客に囲まれて、この家の主人が仁王立ちで怒鳴っている。
そのあいつら(アメリカ人)の一人のお伴で窯開きに付き会った僕は唖然とした。
これが僕の魯山人との出会いである。
b0084241_204286.jpg

半世紀前のことだが僕は米軍病院でインターンをしていた。そこで知り合った精神科の軍医将校が、奥さんがハワイの日系人ということもあり、日本文化の吸収に夢中だった。
ある日銀座4丁目近くの陶芸品屋に立ち寄ると、店の女主人が次の日曜に魯山人先生の窯開きがあるが如何です、と勧められた。

北鎌倉の魯山人の窯元兼住まいは、広々とした田んぼの中の堂々たる藁葺き屋敷で、当時隣にはイサム野口夫妻が住んでおられた。
陶芸家にとって窯開きは一大イベントである。
大勢のファンや業者が参集し、窯が開いて次々と作品がとりだされるたびに歓声が上がる。
やがて昼めしが振舞われる。新橋の新富ずしが屋台を設けていた。
そして屋敷の中の見物となり、風呂場まで覗かされる。風呂は五右衛門風呂。周りの壁も竹のデザインの自作の陶器が嵌めこまれている。男の便器にはひばの小枝がぎっしりと埋め込まれ、すべて凝りに凝った造りに感嘆の声が上がる。

その邸内ツァーの終わりに、友人の軍医が魯山人の写真を撮りたいというので、僕はそれを通訳しただけであった。
写真機はそのころはまだぜいたく品で、彼のはアメリカ兵に人気のニコンの最新型だった。
失礼をしたのかと恐縮していると、また罵声が飛んだ。
“早く撮らんか、人を待たせおって!”
撮り終えるたところで、我々はほうほうの体で館を後にした。
これが僕の魯山人との最初にして最後の出会いである。

当時は知らなかったが、魯山人は傲岸無礼を売り物にした男のようだ。
最近のウィキペディアにはこう書かれている。
「魯山人は母の不貞によりできた子であり、それを忌んだ父は割腹自殺を遂げた。生後すぐ里子に出され6歳で福田家に落ち着くまで養家を転々とした。この出自にまつわる鬱屈は終生払われることはなく、また魯山人の人格形成に深甚な影響を及ぼした。」
なるほど、本当は写真を撮られたかったのか。
[PR]
by n_shioya | 2014-01-10 20:05 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 教養とは? ハイチのマザーテレサ >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム