ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
火起こしの名人
以前NHKテレビの「ためしてガッテン」で“炭火焼きのコツ”をやったことがある。
バーベキューの炭火起こしには皆苦労するが、それを新聞紙少々で2分で着火させる方法と、肉を手品のようにジューシーに焼き上げる方法である。
二つとも、“目から鱗”と言える思いがけない秘訣であった。
昔、僕が同じ番組で傷の湿潤療法で、「傷を乾かしてかさぶたで治すのは間違いだ」と説明して、パネルの皆さんから、“目から鱗が・・・”と言って感心されたのを思い出した。
b0084241_2031017.jpg

其の“炭火焼の秘訣”はネットでお調べいただくとして、番組の中で炭焼きの名人が、炭火で風呂を沸かしているのを見て、“幸せそうな顔ね。”と配偶者は感嘆の声を上げた。
そう、僕も昔は風呂焚きの名人だった。戦後まもなくだから、まだ東京でも薪を炊いてで風呂を沸かしていたのである。
中学2年だったが、其の頃は家事が大好きだった。
雨戸の開け閉め、全員の布団の上げ下ろし、さすがに料理はできなかったが、勿論皿洗い、そして薪でご飯を炊くのは、水加減、火加減を含め我が家では僕は名人の域に達していた。
中でも“風呂の釜焚き”は、薪をくべ、ぼうぼうと燃え盛る炎を眺めている間は、合法的に学業からも開放され、まさに至福の時だった。

失敗だったのは、ある時お袋に、“一生これだけやってられれば、こんな幸せなことはない”とうっかり口を滑らしたことである。
今言う教育ママのハシリだったおふくろは烈火のごとく怒り、“とんでもない心得違いです。あんたは勉強だけしてればいい。もう家事を手伝うことはないから、一切手を出しなさんな。”と台所から締め出されてしまった。
僕が洗濯、料理一切したことのない夫となったのは、こういういきさつがある。

もしあのまま医者にもならず、風呂の釜焚きを続けていたら、もっと素直な人間に育って、兼業主夫?もこなし、あの炭焼き爺さんのように幸せな顔になれたのでは、とふと思ったが、配偶者に口を滑らすのは控えておいた。
“何よ、粗大ナマゴミのくせに”といわれるのがオチだからである。
[PR]
by n_shioya | 2014-01-12 20:31 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 男のオシャレ 教養とは? >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム