ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
マチュピッチュの謎
今日は「マチュピッチュ」の話。
どのアンケート調査でも、行ってみたい所のトップかそれに近い位置を占める。世界遺産のシンボルのような遺跡だ。
b0084241_1829101.jpg

もう20年以上前だったろうか?
ブラジルの国際学会の後で南米を一巡し、ペルーに入り、リマに二泊してマチュピッチュを訪れたのは。
それは不思議な光景だった。密林の奥深く、アンデスの山の頂に忽然と現れる古代都市。
城壁に囲まれた広大な敷地の中に、祭壇、住居などが整然と並んでいる。
そしてある時、忽然とすべての住民が姿を消したという。
謎に満ち溢れた「空中都市」である。
中でも不思議なのは巨岩で組み立てられた城壁である。
大小取り混ぜて数百の方形の石の塊が、モザイクのようにピッチリと据えられている。その中の大きいものは、コンテナ以上の大きさがある。重さは数百噸だろうか

以前、東大の名誉教授の大貫良夫氏からペルーの遺跡発掘のお話をうかがう機会があった。
“どうやってこれを切りだして、山の上まで運びあげたのか、いまだに謎とされている”と氏は言われた。
そのほかにも遺跡と思われる場所は、ペルーにはまだ無数にあるという。
その一つの発掘を大貫氏は手掛け、盗難を防ぐために村に博物館を造り、村人たちの自主管理にゆだねたという。
大変なご努力である。
そしてついにミイラ取りがミイラになって、近くに土地を買い求め、家まで建てて、夏の別荘と洒落れこんでおられるという。
ジャガイモの原産地だけあって、イモ類や豆類は豊富で、食べ物には不自由はしないという。
だがあの城壁の石をどう移動したか?
今ならブルドーザーやクレーンを使い、森林をなぎ倒し、化石燃料で空気中に公害をまき散らす大仕事になるだろう。
それをおそらく人力だけで、自然を破壊することなく、公害を発生させることなく、石で街を造り上げたということは、“我々はまだまだ古代文明から学ぶことがいくらもあるはずです。”と大貫氏は締めくくられたのを想いだす。
[PR]
by n_shioya | 2014-02-09 18:29 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< ファッションという気まぐれ 懐かしの中原淳一 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム