ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
猪谷千春の「ゼロベース思考」
b0084241_17124477.jpg
「本物」が「本音」でご自分の経験を語るとき、聴衆はみな深い感銘を受けるものである。
今、日本中がソチ・オリンピックに沸いているが、僕は今、猪谷千春氏がロータリーの卓話で,メダルについて語られた言葉を改めて想いだしている。8年ほど前のことだ。
「50年前に自分が銀メダルを取って以来、何故日本がメダルを取れないかと、聞かれるのが一番辛い質問だが、それに対しては、自分が銀メダルを取るまでどのような努力をしたかとお話しすることでお茶を濁すことにしている」、と語りかけられた。

まず彼の場合は、親が日本のスキーの先駆者で、彼をスキーヤーに育てるため、二歳の頃からスキーをはかせ、日本中雪を求めて移動し続けたと言う。
ある年の春、千島で誕生したので千春と言う名をつけられたのだそうだ。
そしてダートマス大学留学時代、勉学とスポーツと言ういわば文武両道を成立させるのに、いかに苦労したか。

彼の考えでは、努力を成功に繋げるためには、まず独自のやり方を模索することから始めるという。
何かを学ぶ場合、人から教わったり、人のマネをすることが普通だが、これでは其の手本以上のものにはなれない。
自分のやり方は、過去にとらわれず自分なりに白紙から構築していく。これを「ゼロ・ベース思考」と呼んでいるという。

これだけ中身の濃い話を、卓話の決めどおり30分シャープで、ゆっくりと解りやすく話されたので、メンバー一同大いに感銘を受けたものである。

[PR]
by n_shioya | 2014-02-19 17:12 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 愚かな人間の「三つの願い」 三本主義とは >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム