ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
希望よ、どこへ行った?
最近の若者“希望”を失っているという。
調査によれば、どういう調査かは別として、三人に一人は未来に“希望”が持てないと答えたという。
就職超氷河期、原発・再軍備推進内閣などなど暗い深刻な世相では無理もない。
書店の本棚には、“希望”に関するコーナーも設けられている。
このような社会現象に対し、東大では専門家集団が中心に「希望学」という学問分野を立ち上げたという。

“希望”といったような主観的な感じの問題が学問対象になりうるかという議論もあるようだが、この研究は全国的な広がりを見せているようだ。
今の閉塞した日本の現状をどうとらえるかは、人によってさまざまだろうが、ひねくれ者の僕は、ヴィジョンもない権力志向のみの卒業生集団を送り出し、このような社会を作り出した元凶ともいわれる東大が、“希望”の旗振りを始めたことに、違和感を感じないでもない。

“希望”の定義や条件はゆっくり検討することとして、“希望”と聞いて僕が反射的に想起したのは、敗戦直後の気持ちである。
若いということもあったかもしれない。また、天皇制の恐怖政治から解放されたということも大きかった。何よりも日本軍に殺される運命から、救われたということもある。
しかも現実の社会は厳しかった。食料は戦時中よりも払底し、悪性インフレが跋扈し始めていた。
無い無いづくしの日本だった。
だが、“希望”だけは国中にあふれていたように思う。
今がどん底だ。この先どんな変化が来ようと、現状よりは一歩前進になるだろうという、奇妙な安心感ともいえるものもあったかもしれない。
今の若者は物質的には満ち溢れた生活に慣れ染んでしまった。飢餓を経験したことのないものに、ハングリー精神を持てと言っても始まらないだろう。
だが、あふれる無駄の中に“希望”は押しつぶされてしまったのかもしれぬ。
b0084241_2051576.jpg

“希望”とはよりよい未来への期待である。
このあたりで落ちるところまで落ちて、丁度パンドラの蓋が開かれた時のように、あらゆる災難が出尽くしたところで、空になった箱の隅っこに初めて“希望”を我々は見つけることができるのかもしれない。
[PR]
by n_shioya | 2014-02-21 20:51 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 最近の活動報告 愚かな人間の「三つの願い」 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム