ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
美しく装う
今後の思索の課題として、昨日は「人のいとなみ」をとりあげたが、考えてみると、日常座臥、衣食住すべて「いとなみ」でないものはない。
だがあえてその中で、なにを今僕は「いとなみ」として取り上げたいかと言うと、まず人間にしか見られない行為、というのが一つの要件になるようだ。
早い話しが冒頭で「衣食住」といったが、「食、住」は動物たちも持ち合わせているようだが、「衣」にこだわるのは人間固有のものと言える。
b0084241_13235437.jpg

人類の祖アダムとイヴが、イチョウの葉で局部を覆ったと、聖書の創世記に記されているのも故なきことではない。
衣類が、身体を隠し保護するだけならどんな布でもかまわないはず、最もこの布を織ること自体、「人のいとなみ」になるが、だが我々は風土にあった「機能」だけでは満たされなかった。
美しく装うことに関心があった。
b0084241_13243383.jpg

女性のファッションはその極致と言えるが、僕はツィードのジャケットや、北欧のセーターにとりわけ魅力を感じる。手作りの温もりがあり、使い込むほどに愛着が増すからだ。
そう、この「手作り」というのが「いとなみ」を語る際のキーワードの一つかもしれない。
[PR]
by n_shioya | 2014-02-26 13:24 | コーヒーブレーク | Comments(1)
Commented at 2014-02-26 18:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 巣作りといういとなみ 人のいとなみのいとおしさ >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム