ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
僕の死生観?
「医師の生命観」という本を読み返している。
日本メルク万有の季刊誌「CREATA」に掲載された32編に更に3編を加え、吉利和先生が編集された単行本である。
執筆者は僕と同世代の方もいるが、大多数は一世代上の方々である。

b0084241_19512643.png
僕など正直なところ、永年医者をやっていても改めて「死と生」について深く考えたことがなかった。形成外科医ということもあり、ただひたすら切った貼ったを楽しんできたというのが本音のところである。
だがクレアータに執筆を依頼された方も似たようなもので、依頼されて“改めて考察してみると”、という但し書きが随所に見られる。
ただ“改めて考察すると”さすがその道の権威だけ会って、各人各様の鋭い洞察が全編に溢れ、ここ一月ほど堪能させていただいた。
そして吉利さんが序文の最後で旨く括ってくれている。
「要するに、医師が「生命論」を苦手としているのは、信念がないからではなく、一般化、抽象化になれていないせいであることを、理解してもらいたい」と。

では己の生命観は?と切り込まれると、おい、一寸待ってくれ、というのが現状である。
そこで遅ればせながら,僕もこの連休に「死と生」について「改めて考察してみる」こととした。
其の成果はいずれ又。

[PR]
by n_shioya | 2014-05-02 19:52 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 鼻物語 定年制度を見直しませんか? >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム