ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
醜形恐怖症とは?
容貌に対して過度のコンプレックスを持ち、手術をするほどに悩みが深くなるこだわりのタイプもまれにある。これは「醜形恐怖症」といって、一種の精神病質であることもありうる。
それでおもいだすのはH嬢である。
H嬢を最初に外来で見たのは30年前、既に三十才だったろうか。とりわけ美人というわけではないが、丸顔の可愛らしいお嬢さんだった。
怪我で鼻がつぶれ、隆鼻術を受けたが形が気に入らないという。
そこでプロテーゼを入れ替えた。その結果鼻筋も真っすぐ通り、プロフィールも、自然なカーブを作ることが出来た。と僕は思い、本人もそれは認めてくれた。
b0084241_21263917.png

しかし、何かまだ不満が残っている様子で、更にいろいろ、細かい注文を付けてくる。納得のいく希望もあれば、一寸頚をかしげるような注文もある。
僕としては出来るかぎりのことをして、後は当時美容担当の大竹助教授に頼むこととした。

大竹助教授は生まれ付いての美容外科医である。
鼻の手術はことに名人芸で、ほとんどの場合、本人の耳介軟骨を巧みに細工して、スッと決まった鼻筋、つんと可愛らしい鼻尖部。ほれぼれする仕上がりである。
その大竹先生の名人芸にも、彼女は満足しなかった。
僕は、精神科の石郷岡先生の直々の診察をお願いした。診断は「醜形恐怖症」であった。
その後僕は大学を離れたので、現在彼女がどんな状態か、叉、 現在は聖路加の部長となった大竹先生がどう対処しているのか不明である。

僕が彼女のことをこう長々とかいたのは、実は現役を引退してから、ふと疑念が生じたからである。
勿論、「醜形恐怖症」の傾向はあったのかも知れない、しかし、僕らは本当に彼女の悩みに、耳を貸していたのだろうか?
例えば、彼女にとって本当の問題は鼻ではなかった。唯もっと美しくなりたい。或いはそういわれたいと願った。しかしそれがかなわぬので、鼻をスケープゴートにして、文句を言い続けたのではないか。それに僕らは気づかなかったのではないか。
ちなみにフォトは、石膏像に赤鑞を付け加える昔の隆鼻のシミュレーションの手法。今はコンピューター・シミュレーションが手軽に行える。
[PR]
by n_shioya | 2014-05-08 21:27 | 美容外科 | Comments(0)


<< 今月のモナリザ 母の日を前にして >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム