ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
正心調息法と不肖の息子
親に着いて話すのは、何かむずがゆく感ずるものだ。
だが生前でもあまり会話の成り立たなかった息子でも、6年もたつと改めて思い起こすことの数々もあり、もっと話し合っておけばと悔まれる。
親父は晩年は自分の考案した呼吸法の普及にのめり込んでいた。
名付けて「正心調息法」という。
書物も現し、日本中講演もして回り、結構信奉者もいたようだが、息子は全く関心を示さなかった。
だが、いまだに、“お父上の呼吸法を実行しています”とか、“正心調息法のお陰で命拾いしました。”とか言われて、面食らうことがある。
b0084241_2114117.jpg

先週もある雑誌社から取材の依頼があり、“お父上の呼吸法に着いて一言”と頼まれた。
“あんなこと、馬鹿馬鹿しくてやってられませんわ”と率直に申し上げた。
要は腹式呼吸だと思うが、親父の教え通りだと、寝る前に20分は行う必要があるからで、怠け者の僕には向いていない。
だがよく考えると、「腹式呼吸」自体は決して悪いものではない。また、親父の呼吸法は、それに「瞑想」と「イメージ・トレーニング」が組み合わさっている。考えれば合理的である。
決してアンチエイジングにもとるものではないが、だがあれをマニュアル通り続けるのは至難の業だ。
“僕には無理ですが、信じて実行されている方が多いなら、父も草葉の陰で喜んで知るでしょう。”と雑誌社の方には申し上げながらも、“予言者は故郷では認められない”といったキリストの言葉を思い出して、不肖の息子は何か複雑な気持ちだった。“
[PR]
by n_shioya | 2014-07-25 21:14 | アンチエイジング | Comments(0)


<< 浴衣でアンチエイジング 便秘の神様 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム