ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
ニーチェ復活?
ニーチェが今人気を呼んでいる。
なんで又、今になって?
火付け役は「超訳 ニーチェの言葉」のようだ。
読んでみてなるほどと感心し、ニーチェに対する認識を改めた。
過去の認識といっても「ツァラツストラ」の第一ページで挫折したお粗末なものだが。
b0084241_23303421.jpg

戦後まもなくのことだが、行きつけの古本屋の親父が古書を売りに来たお客に言った言葉を思いだす。“もう、ニーチェはだめ、売れないは。ナチの時代は終わったから。”
だが著者は言う「ニーチェの思想がヒトラーやナチズムの思想に影響を与えたというのは悪質のデマだ。ヒトラーとナチズムは自分たちの空虚さをうめつつ虚勢を張るために、様々な分野の既存の思想を勝手に曲解して取り入れることを恥じなかった。」と。

たとえばこんな項は如何?
「疲れたらたっぷり眠れ。
自己嫌悪におちいったとき、何もかも面倒でいやになったとき、何をしてもくたびれてしかたないとき、元気を取り戻すためには何をすべきだろう。
ギャンブル?宗教?流行のリラックス療法?ビタミン剤?旅行?飲酒?
そんなことよりも、食事をして休んでからたっぷりと眠るのが一番だ。しかも、いつもよりずっと多くだ。
目覚めたとき、新しい力が漲る別の自分になっているだろう。『漂泊者とその影』」
どうです、ずいぶん親しみやすいオッチャンではありませんか。
しかも最近のアンチエイジング ブームの愚かさまでお見通しである。

高校時代、ホイべルス神父に言われた「昔、ニーチェというちょっと頭のおかしい可哀そうな人がいて、神は死んだと言って、勝手に神様を殺してしまいました。」
という言葉に僕は長いこと縛られていたようだ。

「食わず嫌い。その為にお前らはどれほど損をしていることか。」
ニーチェの箴言集にあってもよさそうなセリフではないだろうか。
[PR]
by n_shioya | 2014-08-26 23:30 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< ジベルニーの想い出 高原のリサイタル >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム