ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
細菌戦争の脅威
このところ、エボラ・ビールスやデング熱だの感染症が猛威をふるい始めている。
b0084241_2114431.jpg

昔、東大が新制大学に切り替わった時、現在の理3という医学部進学コースはなくて、理1でも理2でもよいが、二年の教養課程を終えてから、あらためて医学部の入試を受けることになっていた。
医学部以外の専門課程へ進むものは、二年目の半ばで専門学部に振り分けられるので、医学部を受験予定の者も、医学部受験までどこかの学部に籍を置く必要があった。
そういうわけで、僕は半年間、農学部にお世話になった。

何を習ったかすっかり忘れたが、一つだけ印象に残った授業がある。
名前は思い出せないが、その教授は繰り返し、細菌戦争の脅威を話された。
だがその頃は戦後間もなくで、やっと平和が訪れ、まだ核戦争も遠い未来の可能性としてしか話題にされず、細菌戦争など日本軍の過去の遺物としか受け止められなかった。
だが、教授は言われた。
“君たちは原爆だけが脅威だと思っているだろうが、本当に恐ろしいのは細菌戦争だぞ”と。

それが9・11後、急に浮上してきた。
ブッシュ政権がイラク攻撃の大義名分としたのが、サダム・フセインが隠し持つとされた大量破壊兵器である。それは原爆と細菌兵器だったことは記憶に新しい。
だがイラクの敗北後、そのどちらも見つからないまま、サダム・フセインは処刑された。

問題は、肝心のテロリストとの闘いはまだ、まだ続き、その先が見えないことである。
さらに言えば、北朝鮮の脅威は原爆だけでなく、細菌兵器もありうるという指摘もある。
[PR]
by n_shioya | 2014-09-01 21:12 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 日本美容外科学会開幕 チャブ台文化の復興 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム