ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
小さいパリ見つけた
恵比寿の住宅街の一角に,入口には三色旗がはためき、ぐるりをポインチィアやシクラメンで囲まれた楽しげなレストランがある。
b0084241_193257.jpg

十数年前。僕は近くに住んでいた次女の2歳の孫娘を連れて辺りを散歩していた。モナリザという文字がアーチを飾っている。
外のメニューを二人で眺めていると,マネージャーらしき男がでて来て,“如何です?”と言う。
“いやこの子がいるので”
“かまいませんよ”
と薦められ,其の夜家族でお邪魔した。
料理は絶品だったし、オーナーシェフの河野さんの奥さんには孫と同じ年のお嬢さんがおられ、一緒にみますよとベビーシッターを買って出てくださった。
モナリザと塩谷一家との付き合いの始まりである。

その後モナリザは,丸ビルの最上階にも開店する程発展した。
次女一家はやがてニューヨークに移り住んだが,この秋,孫娘が上智大学に入学した。この連休にセンチメンタルジャーニーを兼ねて,孫娘を恵比寿に連れて行った。
そしてモナリザに立ち寄ると、満杯のお店から河野さんが出てきた。
“あ,覚えてる!”と孫は嬉しそうである。
“ま,エスプレッソでも”とのお誘いに,暫く腰を据え旧情を暖めた。
僕はパリは旅行者として訪れただけで住んだことは無い。だが,パリに住むというのはこういう感じかと思わせる,ほのぼのとさせられた午後のひとときだった。
[PR]
by n_shioya | 2014-11-23 19:32 | 食生活 | Comments(0)


<< 近代医学の興亡 フェラーリ症候群 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム