ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
飲むコラーゲンは何故効くのか?
先日の「飲むコラーゲン」の続き。

昔ファンケル研究所の顧問をしていたとき,研究員からこういう相談を受けた。
“先生,飲むコラーゲンで肌が良くなるんですよ。真皮まで到達するんですかね。”
“そんなことはありえない。”と僕。
“コラーゲンは腸内でアミノ酸に分解されてから吸収される。もしコラーゲンがそのまま吸収されたら,腸粘膜に異常があるよ。”
ただ分解されたアミノ酸はコラーゲンの原材料だから,コラーゲンの生成に役立ってもいいけど,と付け加えた。
b0084241_2361317.jpg

ところが最近、主として農学グループの研究で分かってきたことは・・・
コラーゲンの分子はアミノ酸の長いチェーン(鎖)で、通常はそれが三本捻りあっている。そして腸内では必ずしもアミノ酸一つ一つにバラバラになる訳でなく、幾つかの繋がりを残したものも存在する。その状態をペプチドと言い,鎖二つならディペプチド,三つならトリペプチドと呼び、トリペプチドまでは粘膜から吸収されるは既に分かっていた。
これがどうも,コラーゲンを産生する繊維芽細胞を活性化するのでは,と言われ始めた。少なくも,試験管内(インビトロと業界用語では言う)ではその証明がされたというのが現状である。
これは関節軟骨に効くと言うグルコサミンについても言えるかもしれない。

というわけで皆さん。医者が相手にしない「飲むコラーゲン」も「飲むグルコサミン」も試されてもいいようですよ。ただ,懐具合のご相談の上。
[PR]
by n_shioya | 2014-12-29 23:06 | アンチエイジング | Comments(0)


<< 年の瀬はしらす丼で 最も心に響いた第九交響楽 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム