ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
「反日中国の文明史
風邪を引き、ベッドに横たわって「中国」に嵌まっている。
最近の中国の傍若無人な振る舞い。まるで法律は自分であると言った勝手な振る舞い。これは安倍首相そっくりですな。
b0084241_20591888.jpg

その原因はこの国の成り立ちにあると言う事が、
平野総氏の“「反日」中国の文明史”(ちくま新書)を読了してよく解った。
①我々が自明の理としている近代国家,別の言い方では「主権国家」はごく最近の概念であり,中国はそれに当てはまらぬまま共産国家に移行した。
②それまで中国は東アジアの広大な地域に存在する一つの文明体であった。つまり主権も国境もあまり厳密ではなかった。
③それが弱肉強食の「主権国家」達,その中には日本も含まれるが、に囲まれ、やむなく主権国家の形をとらざる得なく成った。
④中国文明の核は儒教思想で,上下関係の絶対視であり、それは統治者には甚だ都合がいい。
⑤これと共産主義とのマリアージュが現在の中共であり、前近代的な一党独裁国家として、多大な矛盾をはらんでいる。
⑥その矛盾を押さえつける為に、権力の中枢は強権を発動せざるを得ない。これが又矛盾を生む。
①“Absolute power corrupts absolutely”の諺どおり、中枢は権力闘争の場となり、絶対的に汚職腐敗の巣窟となる。
②この矛盾の大国が,世界第二の経済大国として己が矛盾だらけの屁理屈で世界を制覇せんとしている。
③しかも軍事大国として。

大分乱暴な総括ですかな。でも当たらずとも遠からずというところで。
さて,この国とどうつきあうか?
これに狂気の論理を振りかざすイスラム国が加わるとなると,前途多難ですな。
[PR]
by n_shioya | 2015-02-28 20:59 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 「相互理解の難しさ、楽しさ。」 中国と交流を深めよう! >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム