ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
花も団子もの復活祭
“ あらお久しぶり!“と声をかけてくれたのは元町スタバのレジの「女の子」である。
“何時もシュガードーナツ二つを注文されるので覚えてまして”と言う。
とたんに嬉しくなった。男とは単純な生物である。
ドーナツと50年前のアメリカ留学とは切っても切れない縁がある。スタバの生まれる遥か前のことだが。
アメリカの病院は朝が早い。何処でも朝7時に訪問すると、カンファレンス・ルームにはコーヒーポットとドーナツが用意されていて、パッと目が覚める。
b0084241_18222424.jpg

普段は僕なりに「食」には気をつけているが、日曜は解禁にしている。
そしてブレックファストの定番は、
①ドーナツとスコーン。か
②ポンパドールのクロワッサンとショコラのペイストリー。か
③フレンチトーストにメープルシロップをたっぷりかけて。時折はホテルニューグランドの展望レストラン、ノルマンディで。
と言うわけ。
b0084241_18223947.jpg

満開の桜の小鉢は食卓の窓辺に。
「花も団子も」のイースターサンディの始まりです。
[PR]
by n_shioya | 2015-04-05 18:23 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 高齢者にとって終の棲家とは? 孫と復活祭 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム