ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
醜形恐怖症?それとも・・・
b0084241_17404710.png

寝込んでいると昔の患者のことをあれこれ思いだす。
A孃もその一人。
30才位だったか、とりわけキレイというわけではないが、可愛らしい女性だった。
以前何処かで隆鼻術を受けたが気に入らないので、入れ直して欲しいと言う。失敗と言うほどではないが、本人のいうことも分からないではないので再手術を引き受けた。
今と違ってコンピューター・シミュレーションなど便利はツールはなかった。石膏でお面を取り、赤い鑞を鼻梁につけたし本人の希望を聞きながら型を造り、赤い鑞をモデルにシリコンを切り出して鼻に挿入する。
手術そのものは至って簡単で、仕上がりも上々だと思った。
だが本人は気に入らない。
術前の石膏像に赤鑞を足したものを見せると,自分が希望した鼻になっていることは認める.だが,満足出来ない。
聖路加病院の大竹部長は鼻の名手として知られているが、当時は僕の助教授だった。
患者の承諾を得て、彼の手にゆだねた。
彼は器用で、凝りやで、生まれついての美容外科医である。A嬢の鼻はその時点での本人の希望どうりに改善された。だが,彼女は満足でない。
自分でも自分の気持ちが不合理なのは分かると言う。だが、どうにもならない。
このような精神状態を精神科では「パラノイア」と呼ぶ。
その後も大竹助教授の外来に通い詰めていたようだ。
そして今僕は思う。
A嬢がこだわっていたのは鼻の形ではなかったのではなかろうか、と。
子どものときから刷り込まれた「美貌の格差」を乗り越えたかったのではなかろうか。
心の底で彼女が欲していたのは「貴女は綺麗ね」と言う異性あるいは同性からの「言葉」ではなかったろうか。
美容外科の難しさを改めて噛みしめている。
[PR]
by n_shioya | 2015-10-21 17:40 | 美容外科 | Comments(0)


<< 新しい進化論 風邪で寝込んで考えたこと >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム