ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
新しい進化論
b0084241_18455317.jpg

今日はチョットお固い話。
ダーウィンの進化論はよくご存知でしょうが、あれだけでは説明出来ないと言う事は、僕のような素人でも気がつくことですが、最近は学者の間で論議されています。
進化論の柱は二つあります。
突然変異
適者生存。
両方とも必要な因子であることは言う間でもありませんが、それだけでは説明で来ない。
よく使われる「キリンの首」を例にとってみましょう。
高い梢の葉を食むうちにチョット首が伸びた。というより「突然変異」で首が長くなった。
それが生存競争に有利なため、その子孫が増えた。
②は何となく納得出来ますが、①はどうでしょう?
突然変異がランダムなものとしたら、そんな都合良く首の長くなる遺伝子が1品種に続けて発現してくれるでしょうか?
また、もし或る個体が環境に適応して、チョット首が長くなったとしても、それは一代限りのことです。これが子孫に伝わって蓄積されには「獲得形質の遺伝」が必要になりますが、これはありえないとされてきました。
70年ほど前、ソビエトのルイセンコと言う学者が,体制におもねって「獲得形質の遺伝」を唱えました。これは遺伝子が人の将来を決定し,それに介入出来ないと言うのはスターリンにとってありがたくなかったからです。これはすぐでっち上げと言う事が分かりました。何時の時代にも研究費目当てのイカサマは居るものですね。
だが最近、エピジェネティックと言う概念や,RNAの働きに関して新たな治験が発表され,環境因子が遺伝子を修飾し、生殖細胞を通じて子に伝えうるのでは内科,と言われ始めました。
この「Arrival of the fittest」には、その最新情報が満載されています。
この新たな分野、「進化論的生物学」の進歩の目覚ましさにすっかり興奮し,折角下がりかけた熱がまたぶり返すのでは,と心配するほどです。
題名が、「Survival of the fittest(適者生存)」に掛けたものであることはお分かりでしょう。
[PR]
by n_shioya | 2015-10-22 18:45 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 再びエロティック・キャピタルについて 醜形恐怖症?それとも・・・ >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム