ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
認知症と物忘れ
b0084241_20573525.jpg

人の名前が出て来なくて困りませんか。
僕は年中です。
最近は特に甚だしい。
これは年相応の物忘れで,認知症の物忘れとは違うと言われるが,どう違うのか,線引きは可能なのか,気になるところである。

記憶は不思議なものだ。
何時も気になることだが,日本の名前は漢字が殆どである。だから名前は「ビジュアル(視覚的)」に記憶しているのではなかろうか?
それなのに思い出そうとするときは、「音(響き)」で思い出そうしようとする.この乖離が想起を難しくするのでは?
この辺に名前を思い出すコツが潜んでいるのでは?
b0084241_20584370.jpg

そもそも認知症とは何だろう。
早速,機能ご紹介したアンチエイジングのバイブルを開く。
すすと認知症の原因は大別して二つあるという。
一つは血管性,今ひとつはアルツハイマーだ。
かつて日本では圧倒的に前者が多かったが,最近では半々か,むしろアルツハイマーが優位になっていると言う。
血管性とは動脈硬化で局所的な脳梗塞が原因である。
アルツハイマーはβアミロイドの蓄積が原因とされているが、その蓄積の原因も予防薬も確立していない。
動脈硬化は明白にメタボの一環であり、アルツハイマーも糖尿病がリスクファクターとされている。
どちらの場合でも,運動が脳細胞を活性化すると言う事は認められているようだ。
つまり,「バランスの取れた食事と適度な運動」というアンチエイジングの二大柱が認知症対策の基本である,と言う結論に落ち着いた。
分かりきってると言われる。
でもその当たり前のことが一番実行困難なのが、アンチエイジングの難しさですよね。
[PR]
by n_shioya | 2015-10-26 20:59 | アンチエイジング | Comments(0)


<< ゴルフは最高のストレス解消法? アンチエイジング関わる方への朗報 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム