ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
「あそこも見た目?(未成年お断り)」
b0084241_17101126.jpg

数年前、「ヘルタースケルター」が映画化されて話題を呼んだが、主人公リリコは全身が整形美女で、手をつけてないのは「あそこ」だけということになっている。
実はここ数年、欧米では「あそこ」の美容外科が盛んになってきて、その専門医や学会発表が華やかである。。
手をつけるのは次の3箇所である。
①大陰唇:ここにヒアルロン酸などの注入剤を入れて,膨らみをもたせる。
②小陰唇:この襞が大きく外にはみ出ている場合に余剰部分を切除する。見た目もさることながら、下着で擦れ炎症を起こすことが多々あるという。
③膣:更年期になると女性ホルモンが減少し、膣の粘膜が萎縮し分泌も減り、性交痛の原因となる。これに対しては従来はホルモンクリームを塗布していたが、最近ではレーザー照射で改善を図るようになった。
自覚症状がある場合はわかるが、性器の「見た目」の改善といっても誰の見た目を意識してのことか、いささか疑問が残る。これも文化の違いかもしれない。
砂漠で干上がった動物の骸骨を描き続けたジョージア・オキーフにとっては女性器も立派にアートの対象であったようだが。
わが国では性にかんすることはタブー視する風潮が強く、未だに更年期障害ですら口にし難い向きもあるようだ。
だが、去年末の春画展でわかったように、日本は古来から江戸時代に至るまで、性に関してはおおらかだったようである。
江戸時代の性技に関する書物では、女陰の形態を細かく分類し、セックスの満足度と関連付けてているのは面白い。
[PR]
by n_shioya | 2016-03-03 17:10 | 美容外科 | Comments(0)


<< 紫外線恐怖症? ロゼッタストーンとアンチエイジ... >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム