ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
紫外線恐怖症?
b0084241_2031376.jpg

このところ美白ブームで、皆さん紫外線を敵視するようになった。
シワ・しみ・たるみといった女性とっての肌の大敵は「紫外線」であることは確かだ。皮膚老化の原因の8割は紫外線だと皮膚科の先生は言われる。「光老化」と呼ばれる所以である。
でも紫外線は人体にとって害だけだろうか?
そう、骨代謝に欠かせぬビタミンDは紫外線で体内で合成される。もちろん食物でビタミンは補われるが、化学反応の微妙な違いがあり、一部は紫外線で作られる方が望ましいとされている。
そのためには一日15分ほど、手のひらの倍ぐらいの面積の皮膚が日の光を受ければ十分という。
紫外線の害として強調されるのが皮膚ガンの発生だ。確かに日差しの強いオーストラリアでは皮膚癌他国に比べダントツに多い。現地に行けばわかるが、オーストラリアの日差しは並大抵ではない。熱いより痛いと感ずるほどである。
だが日本人の皮膚癌の発生率はそれに比べはるかに低い。しかも日本人の場合、紫外線を防止することでどれほど皮膚癌が予防できるかという研究も見当たらない。
つまり言いたいことは、「シワしみたるみ」といった美容目的はともかくとして、日本人の場合、あまり皮膚癌を恐れて紫外線を敵視する必要はないのではなかろげんうか。
人類は大昔から日光の下で繁殖してきた。同時に皮膚はメラニンを産生することで、過度の紫外線の害を避けるようになった。
だが紫外線は害だけでなく、進化の過程でビタミンD合成という重要な役割も担うようになった。まだ我々の気付かぬ面で紫外線が健康に役立っているかもしれない。
何よりもスポーツを含め戸外の活動が我々の健康を保ち、全身の細胞を活性化してくれることは確かである。
最近は日よけクリーム、長手袋そして帽子など紫外線防止策には事欠かない。そう、日本おリボン党の白川みき党首がデザインしたミキフィーユ日傘などお洒落ですぞ。
それらをフルに活用し、活発に戸外を飛び回ってアンチエイジングの実をあげて欲しい。
[PR]
by n_shioya | 2016-03-04 20:31 | アンチエイジング | Comments(0)


<< 鎌倉日和 「あそこも見た目?(未成年お断り)」 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム