ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
劇場型手術
b0084241_22232456.jpg

手術場はアメリカでは「オペレーティング・ルーム」だが、英国人は気取って?「オペレーティング・シアター」という。
直訳すれば「手術劇場」ということになるが、最近では神聖なる手術場も、政治の世界同様、小泉劇場ならぬワイドショウの見せ場となってしまった。これはもう「劇場型手術」というべきだ。
言うまでもなく啓蒙の具としてテレビの果たす役割は大きい。
だがこと「美容外科」に関しては、興味本位のいかさまとは言わないが、やらせも横行しているようだ。
又、出演する医師もテレビ写りがよくて話がうまいのが好まれる。腕は二の次とは言わないが、中には結構いかがわしいのも多い。
「美容外科」は自由診療であり、しかも科の性質上口コミが期待できない。
しかもわが国の広告規制は阿呆らしいほど厳しく、専門医の資格や、経験などは一切広告できないことになっている。
したがって患者さんは、テレビの露出度が多いほど名医と勘違いしてしまう。
したがって広告に投資するほど、患者のリターンは増加する。
某チェーン店の院長など、収入の半分以上を広告に使っていると豪語していた。
健全な企業ならありえないという。
そのしわ寄せはどこに?
当然医療の質と、従業員の搾取であり、それが患者に何らかの形で還元される。
勿論医事紛争も絶えないが、スキャンダルも宣伝の内と開き直る悪徳医師もいるので救いがたい。
[PR]
by n_shioya | 2016-03-09 22:24 | 美容外科 | Comments(0)


<< ネットの医療広告に規制のメスが? プラハの夢 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム