ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
衝撃のエプロン・デビュー
「衝撃のエプロン・デビュー」
b0084241_18314289.jpg

”男子厨房に入らずを頑なに守って84年。ついにその禁を破って包丁を手にした。
これはさるクッキングスクールの体験コース風景である。
かねがねクッキングは男にとって最良のアンチエイジングと聞かされていたので、此の期に及んで「真剣勝負」に臨んだ次第。
自慢ではないが僕はリンゴの皮も剥けない、人の皮なら商売上,どのようにでも削ぎ、刻んでお見せできるが。
その効果や如何?
目から鱗の思いである。
食卓に並ぶ皿皿は忽然と現れるのではなく、まず食材が吟味され、切り刻まられ、煮たり焼いたり味付けされ、きれいに盛り付けされて食卓に現れるということを実感した。
サラダだろうが、肉だろうがどの一皿もあだおろそかにできなくなった。
そして調理場では二つ,三つの工程が同時進行である。頭も使うしても使う。
この
①プラニング
②素材の選択
③指を使う
④幾つかの作業が同時進行
この辺りがアンチエイジング効果の所以のようだ。
でも考えてみると、これは中学時代に僕が入れ揚げた化学実験に通ずるものがある。
プラニングは実験計画。
素材は化学物質。
調味料は試薬。
煮たり焼いたりはブンゼン灯などの火の操作。
しかも最後にやらされる屈辱的な皿洗いは試験管洗い。
ま,これなら僕でもできるか、と4月からの月一回の基礎講座12回の申込みまでしてしまった。
どうしよう、もう後には引けない・・・
b0084241_18325114.jpg

[PR]
by n_shioya | 2016-04-07 18:32 | 食生活 | Comments(0)


<< 蠱惑のステンドグラス メタボの過ち >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム