ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
木村やよいさん京都から出馬
b0084241_2033396.jpg

衆議院議員の木村弥生さんとモナリザでランチをご一緒したのはつい先だっての月曜日である。
その時はDAA(アンチエイジング医師団)の事務局の女性二人も一緒で、この「男性優位」の社会で如何に「女性の活動の場」を築くかで、お三方で盛り上がっていた。
かつてのウーマンリブの闘志、ベティ・フリーダンの晩年の著書「老いの泉」はここでご紹介したことがあるが、その中で彼女は改めてこう述懐している。
”女性が男社会で認められていくのが如何に大変なことか。仕事は男の2倍、3倍はこなせばならぬ。そのうえ、女性性を保つことも要求される“と。
木村さんは30代後半までは家庭の主婦。そして看護師の勉強を。そのご看護協会の広報を担当され、7年前から活躍の場を永田町に移された異色の自民党議員である。
今度の衆院選挙では、木村さんは京都の候補予定者となることを決意されたという。あの“不倫騒動”で世間を騒がせた京都三区で、一から活動をされるというのだ。
これまでいつも人生の岐路に立った時、ただ淡々と与えられた使命をこなして来られたという。
これはいうはやさしいが、なかなか凡人にできることではない。僕が尊敬し、満腔の支援を約し、将来の大成を期待する所以である。
僕はこれまで極め付けの政治音痴というか政治無関心派。
この僕を政治に目覚めさせてくれた木村さん。
皆さんも是非「木村弥生」を応援してください。
[PR]
by n_shioya | 2016-04-24 20:33 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 美容医療のメッカ自由が丘クリニック おめでとう、勝又さん! >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム