ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
「医療で齟齬をきたしたとき。」
b0084241_22524118.jpg
「医療で齟齬をきたしたとき。」

先日なんかの会合で、医療過誤のあった時患者にどう対応するかが話題になった。
その議論の細かいことは忘れてしまったが、僕自身が旨としていることが一つある。
過誤というとまた定義が難しくなるので、ここではあえて齟齬ということにする。
何か齟齬をきたした時、決して防御的にならぬことである。
患者だけでなく、医師自身も動揺してしまうのは、人の子としてやむを得ない。だがそこで、身を守ることを優先させると、患者に対し壁を作り、不信感を抱かせ、敵対関係となり、訴訟へと発展する。
そこで自分の気持ちをあくまで患者の側に立たせ、その不安な気持ちに耳を傾け、寄り添って、その解決に一緒に取り組む姿勢である。
もちろんそれは理想論で、現実はそんなに甘くないと言われるかも知れない。確かに事柄の性質上、または患者の性格から何れにしても訴訟は免れないことも多々あるのは承知している。
ただ、医師は一義的に医療行為、つまり患者に対して責任を負ってるということだけは忘れないでいたい。
[PR]
by n_shioya | 2016-07-29 22:53 | 医療全般 | Comments(2)
Commented by ruhiginoue at 2016-08-01 15:42
今日発売の『週刊ポスト』、見出しにある「大橋巨泉モルヒネ投与医師は"ニキビ治療"の専門医だった」という記事があります。在宅診療保険報酬が優遇されていたら、専門外の医師たちが群がって問題になり引き下げられたことはすでに報道されていますが、その中で起きたことであり、しかもその医師は形成外科手術で裁判となり敗訴した前歴まで。
批判する医師や私の談話も載っていて、その経営する診療所はマスコミの取材を拒否しているとのことです。http://www.weeklypost.com/160812jp/index.html
Commented by ruhiginoue at 2016-08-02 17:46
追伸

小学館のサイトにも掲載

http://www.news-postseven.com/archives/20160801_434576.html

http://www.news-postseven.com/archives/20160801_434576.html?PAGE=2


<< 浴衣の会 プラチナ通りの鰻屋、浜松の藤田 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム