ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
アンチエイジングは歯科治療から
b0084241_22395815.jpg

106歳で身罷った親父が100歳の誕生日の時、ホテルオークラでお祝いをした。
何になさいます?とウエイターに聞かれ、“ああ、ステーキだ。”
親父は玄米菜食主義だが、本当は肉も甘いものも大好きなのにいつもはやせ我慢している。
“お前らが食えというから食ってやる”、と毒ずく。
“ヒレかサーロインかどちらで?”
“もちろんサーロインだ”
食べ終わってまたウエイターが聞く。
“いかがでした?”
“味はいいが歯ごたえがなかった”
と、親父は答えた。その時親父はまだ全部自前の歯だった。肉も上等すぎたようだ
アンチエイジングの3割は歯科領域というのが僕の持論である。
自分の歯で噛むことは脳の活性化につながる。
また、歯周病は糖尿病やその他全身病の原因にもなる。
80歳で自前の歯を20本という80/20運動が功を奏して、最近では歯周病もコントロールされるようになってきた。
だが歯磨きは難しい。自分でいかに丁寧に磨いても、少しずつ歯石は溜まる。
できれば2ヶ月に一度は、歯科でケアしてもらうことをお勧めする。
最近は大病院志向で家庭医が少なくなったが、歯科には誰でも通う。つまりかかりつけの歯科医は誰でも持っている。
いっそ歯科医の先生方に、アンチエイジングの相談窓口になっていただくのはいかがなものだろう?
[PR]
by n_shioya | 2016-10-11 22:40 | アンチエイジング | Comments(0)


<< 名司会者羽鳥 限りなく豊かな蕎麦どころ >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム