ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
高齢者の格上げ
b0084241_22583730.jpg

昨日のことだが、 日本老年学会と日本老年医学会は、「高齢者」として定義する年齢を65歳以上から75~89歳に見直し、これまで高齢者とされてきた65~74歳は、「准高齢者(pre-old)」として、「社会の支え手であり、モチベーションを持った存在と捉えなおす」という提言を発表した。90歳以上は「超高齢者」になる。
やれやれ僕もあと5年で「超高齢者」の仲間入りか。
65歳からを「高齢者」と呼ぶのは違和感があり、現状にそぐわないことは確かだ。
だが行政が悪乗りして、年金支給年齢の先延ばしに利用せぬよう気をつけねばならぬ。
また「准高齢者」という呼称は如何なものか?いっそ無くしてしまったらとも考える。
肝心なことは「定年制」の見直しではなかろうか?
それよりも今の「定年制」は平均寿命が50歳という明治時代の遺物だという。
それよりも今の60歳前後という定年制は、意欲のある男をダメにすると僕は考えるからだ。
人間働ける限りは働くことがアンチエイジングに繋がるからだ。
もちろんそのペースは緩やかになっても。
そして、引退したい人は引退する選択肢は与えられるという前提で。
[PR]
by n_shioya | 2017-01-06 23:00 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 専門医制度スタートか? 「なぜ本は処分できないのだろう?」 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム