ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
美と健康
秋山先生:

老年学開講おめでとうございます。
土曜日にシンポジュームでお目にかかれたことは望外の幸せでした。

あの時申し上げ、また昨日のブログにも載せたように、NPO法人アンチエイジング・ネットワークのやろうとしていることは、ネットの上での老年学の構築だったときが付いたからです。
また近い内にお目にかかり、できれば大内教授とご一緒にでも今後のジェロントロジーそしてアンチエイジングのあり方についてお話し合いが出来ればと思います。

ところで昨今、アンチエイジングというとすぐ美と健康というキーワードが出てまいりますが、
友情出演の滝野文恵さんとジャパンポンポンの溌剌とした踊りは、まさにその象徴で、とても平均年齢65歳とは思えない健康美でした。
b0084241_6534049.jpg

これから三年間、老年学研究室の課題は山積みでしょうができればそのの一つとして、美の問題も加えていただければと思います。

それは端的には肌の若返りであり、また心へのフィードバックの問題でもあります。
NPO法人のアンチエイジング五箇条の第一条で、「いくつになっても男と女」と謳ったのは、このようなことを含めたおしゃれ心の大切さを強調したつもりです。

先般開催された抗加齢医学会では、坪田会長の発案で「見た目とアンチエイジング」というシンポジュームの司会を務めましたが、なかなか面白いくくりだったと思います。
皮膚の若返りは所詮カモフラージュで、本来のアンチエイジングからは外れるという考えの方も居られますが、カモフラージュでもそれなりの意味はあり、またこれからは全身のアンチエイジングと局所のスキンケアとの相乗効果を狙った内外美容の開発も必要と考えております。

先生はミシガン大学に長く居られたとお聞きしましたが、先日申し上げたように、私の次女もミシガン大学で美術を学び、その後絵本の作成にかかわり、結婚して今はニューヨークで三児の母親をやっております。
また、ミシガン大学の元の形成外科部長のスミス教授は親友で、今はフロリダ大学ですが、いろいろな意味で僕にとってアナーバーは懐かしい町です。

教室のご発展をお祈りしています。
また今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by n_shioya | 2006-06-05 22:53 | アンチエイジング | Comments(0)


<< 男中の男一匹 サプリメントは必要か? >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム