ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
アメリカ人の考えるアンチエイジング
“あのさ、アンチエイジングとかいうのやってたわ、地下一階で。”

そのアンチエイジングの学会の一日目を終え、メリディアンのコーヒーショップで、チョコレートパフェを待ってると、隣の三人づれの女の一人がしゃべっている。
声高なので、聞き耳を立てなくも自然に聞こえてくる。

“何、アンチエイジングって?”
“あれよ、クリームだの、サプリだの、デトックスだの。
肌が若返るっていうけどホントかしら?”
なんとも雑駁なやりとりだが、アンチエイジングの現状を反映して興味深い。

“今日さ、何もやることが無いなと思ってたら、ポスターを見たの。アンチエイジング学会にどうぞ、って。
そんでちょっとのぞいてみたら、いろんな会社のコーナーがあって、よ、体にいい水とか置いてあったわ。
でも、係りが説明するだけでサンプルお土産くれるわけじゃないの。クリームでもドリンクでも、何でもいいけどさ、くれりゃいいのに。
そう、奥でなんか話し合いをやってたわ、あれが学会だったのかしら。“

せっかく世界中からエキスパートを集め、アメリカのアンチエイジング医学会が日本で開催した初の国際会議も、街のおばちゃんたちにかかっては形無しである。

だが、中では実に中身の濃い、最先端のテーマが熱心に討議されていた。

9時の開会式に始まり、終わったのが夜の8時である。
何事でも本音むき出しのヤンキー気質丸出しの米国抗加齢医学会である。
目指すところも、老いは自然現象と受け止め、ただ緩やかにそしてピンピンコロリなどというまだるっこしいことは言わず、ずばり不老不死こそアンチエイジングのゴールだという。
そのためにはホルモン補充はもちろん、遺伝子操作、再生医療なんでもありだ。

に関してもあからさまである。
いくつになっても男と女。など、わがアンチエイジング・ネットワークの五箇条のような、オブラートに包んだ言い方はせず、いかに機能を回復、維持するかを、図解であの手この手をスクリーンに映し出す。

ポルノすれすれの映像の連続に、一般市民も多数混じっている参加者から、悲鳴とも感嘆ともつかぬ歓声が沸き起こった。
だが何もそこまで無理しなくても、というのが大方の受け止め方のようであった。

これだけは具体的な映像をアップできないのが残念である。
[PR]
by n_shioya | 2006-06-16 21:57 | アンチエイジング | Comments(0)


<< アンチエイジング ディナー 拍手のない演奏 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム