ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
ヴィラ・デステ
ヤナセで新刊の自動車雑誌を眺めていたら、イタリアで開催されたクラッシクカーのコンクール、コンクール・デレガンスの記事が目に留まった。
湖のほとりの洒落たシャトーの芝生に庭に、半世紀以上前のロールスロイス、イスパノスイザ、ブガッティなどが勢ぞろいしている。
はて見覚えのある風景だが?
そう、これはコモ湖のほとりの名門ホテル、ヴィラ・デステだ。

われわれ昭和一桁には、往年の名画”舞踏会の手帳”のロケ地として、憧れのホテルだった。

パドアでの学会の前に立ち寄ろうと決心したのが、10年ほど前のことである。
ちょうど一月のイタリア無銭旅行をおえ帰国の途に着く三男と、無事ミラノ空港で合流してレンタカーでヴィラ・デステに向かった。

b0084241_9521669.jpgコモの街を抜け、湖畔の小道を20分ほど走るとゲートがあった。そこから更にマロニエ?のプロムナードを走ると正面に典雅なお屋敷が現れた。かっては枢機卿の館だったそうな。
フロントで宿帳に記名していると、部屋代に目を留めた息子が、ひゃー、俺の一月分だとうめいた。
だが湖に面したスウィートルームは調度といい窓からの眺めといい、十分部屋代の価値はあった。

その夜、息子をホテルのレストランに誘い、一箇月飢餓に耐えてきたはずの労をねぎらうことにした。
メニューはもちろんステーキ・フィヨレンティーナ
だが、その分厚い、ジューシーな網焼きのステーキを半分ほど食べたとこで、ナイフとフォークを投げ出して息子は言った。
もう駄目だ、親父。俺の胃袋はこの一月でスッカリ縮んでもう食えない。
そうか、それじゃ今晩はゆっくり休んで、明日は好きなことを付き合おう。

b0084241_9523394.jpg翌朝は早くに目が覚め、湖の夜明けを堪能し、朝日の差し込むダイニングルームで朝食を楽しんだ。
窓の外にはコンクール・デレガンスの開かれる芝生の庭が広がり、その先は船着場である。
ボートを借りてあたりを一周した後、チョッとスイスへという息子を連れて、アルプス越えをしてサン・モリッツへ足を伸ばし、シルス・マリアではアルプスの画家セガンティーニをしのんでからヴィラ・デステにもどり、その夜は近くの村で本格的な石焼のピッツァを堪能した。

また泊まりたいホテルが多すぎて困るが、なかでもヴィラ・デステはその筆頭といえる。
[PR]
by n_shioya | 2006-07-02 00:16 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 北里大学体育学部形成外科 コスメシューティカル >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム