ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
変人の蛮行
やはりやってしまった、あの単細胞のナルシストが。
だが、賛成している人のほうが多いという。それも20台30台の若者たちだ。
経験がないとしても無知は恐ろしい。

あの男に近い方にこう尋ねたことがある。
“彼は外交音痴ですか”
答えはこうだった。
“先生、音痴というのは歌おうとして、音程を外してしまう人でしょう。”
これほど明快で痛烈な批判を聞いたことは無かった。

誤解の無いよう付け加えるが、僕はただ近隣諸国に気兼ねせよといってるのではない。
わが国のやり方が、片手で握手して、いま一方の手で平手打ちをしているようなものだからだ。
それ以前にいまだに加害者意識が欠如していることの愚かさと、あの狂気の世界とは無縁な平和ボケした若者の危うさが靖国問題をきっかけに浮き彫りにされてきたからである。

僕の結論は彼は生まれつきのギャンブラーである。議員バッジをつけた賭博師である。
それは許せる。だが僕が腹に据えかねるのは、徹底した議会無視である。
彼の頭にはディベートという観念は無い。ワンフレーズといえばとおりがいいが、質問ははぐらかし、まじめに答えようとしない問答無用の恥知らずである。
公約だ
冗談じゃない、公約なんて守らなくてもかまわんといったのはご自分じゃないですか。
これに関しての異常なこだわりは畢竟あるグループの票を気にしているだけじゃないの。

構造改革?構造破壊に過ぎないじゃないか、それも中途半端な。
壊したのは自分の出身以外の自民党の派閥すべて。そして出身派閥だけが醜く焼け太りした。

ま、誰が後を継いでも、この瓦礫の山整合性を与えるのは難事業だろう。

唯一つ、女性と金に関するスキャンダルが無かったことは賞賛すべきかもしれない。
だが、それとても国益とはあまり関係はなさそうだが。
[PR]
by n_shioya | 2006-08-15 21:59 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< リヒテルと私 安かろう悪かろう? >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム