ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
若月俊一先生
若月さんが亡くなった。
巨星落つ。といっても大げさではないだろう。
佐久総合病院の名誉総長で享年94才。

日本の農村医学を立ち上げ、長野県を日本一の健康長寿県に仕上げた立役者である。
僕もずいぶんとお世話になった。

大学紛争以来だからもう40年以上になるか。
当時大学での研修をボイコットした若手医師たちが、医学教育の改革ののろしを上げ、青年医師連合(通称青医連)を結成し、日本の医療改革の拠点としたのが佐久病院だった。
僕も形成外科の普及もかねて、年に数回佐久病院を訪れ、青医連とけんかをし、若月節を聞かせていただいた。
昼から水代わりに焼酎をがぶ飲みされる大酒豪で、サク病院でなくサケ病院のほうが通りが良かった。

私は戦時中の転向左翼で、とよく自嘲気味に言われたが、かえってそういう人のほうが筋金入りのコミーだぞ、などとささやかれてもいた。
笑顔で話されていても、目は鋭く発想は若々しかったのを思い出す。
本性は万年文学青年とお見受けした。

赤のレッテルを貼られ、行き場所の無い先生に恩師が世話してくださった田舎の一診療所を、瞬く間に大学病院並みの医学センターにまで発展させたご苦労は大変なものだったろう。

ソ連が崩壊したときは本当にがっくりされていた。
共産主義の矛盾は先刻ご承知のはずである。だが、挫折しても捨てきれぬ若い頃の理想。そして半世紀たっての偶像の壊滅。複雑な胸中をお察しして、慰めの言葉もでなかった。

謹んでご冥福をお祈りします。
[PR]
by n_shioya | 2006-08-25 22:07 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 謎の美少女 人気急上昇? >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム