ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
汽車の旅と車の旅
最近山小屋への往復は殆どといってよいほどに頼っているが、この週末、時間に縛られた約束があり、しかも日帰りが必要だったので、珍しく汽車で往復した。
車では通いなれた路だが、車窓から見る景色は又違った趣がある。
自動車道よりも人里離れた林野を走ったり、また思い切って渓谷と伴行したりするからかもしれない。
 
車での移動の習慣は外国旅行にも持ち越され、欧米ならまずほとんどの場合空港で車を借り、荷物を積み込んで、よほどの遠隔地への移動でなければ、車を乗り続け、最後に又空港で帰すことにしている。

なれないところでよくやりますね、と言われるが、正直なところ東京で運転できれば世界中、ニューヨークでもパリでも、運転ははるかにラクである。
又、汽車と違って時間を気にすることもなく、又、運転の決まりは右左の違いを除いて、標識を含め世界中同じである。
これまで運転を躊躇した国は中国インドだけだ。まだ、悪名高いエジプトには行ってないが。

だが、冒頭に述べたように汽車の旅も楽しいものだ。
短いコマーシャルで、「世界の車窓から」と言うのがあるが、あれを見るたびに今度こそ汽車に乗ってみようと思うが、何時も便利さに負けてレンタカーで走り回ってしまう。
気ままさと、荷物運びがラクだからだ。
そして当地で求めた地図を広げ、ルートを探索するのも又楽しみの一つである。

レンタカー使用のコツを思いつくまま2,3、挙げよう。
①出来れば予約をしておくこと。ことに日本でよく調べ、大手で契約したほうが安いことが多い。
②アメリカだと、宿泊しているホテルに手配させたほうが、配車などで便利なことが多い。
③保険はフルカバレージにしておいたほうが安全。
④ヨーロッパでは、並みのクラスの車はエアコンなしのことが多い。暑い時は特にエアコンつきを注文しておいたほうが無難。
⑤ベンツなど高級車は盗難防止のため、入国禁止の国を設けていることもある。今はどうか知らないが、昔はイタリアにはいけなかった。
⑥借りるとき其の国の特殊な規制をフロントで聞いておくこと。
⑦支払いは必ずカードで。現金では相手にされないか、べらぼうな保証金を要求される。
⑧返す時はガソリンを満タンにして。

などなどだが、日本での渋滞ドライブのフラストレーションの解消となり、しかも便利な移動手段として是非一度はヨーロッパ車の旅の醍醐味を。
[PR]
by n_shioya | 2006-09-18 22:56 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< ちょっと忙しかった1日 アンチエイジングという織物 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム