ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
嬉しい不意の来客
今日は飛び入りや外来も含め、訪問客の多い日だった。
まず、馴染みの看護師さんが、美容関係のクリニックに転職したいと相談にこられた。馴染みと言っても深読みはしないこと。

それから来。

そしてスイスからジュネーブ大学の老年学の教授が国際長寿センターの根〆さんの案内で、クリニックに見えた。
わがクリニックはスイスまでその名が轟いているようである。
b0084241_2246323.jpg

あるプロジェクトの一環として、世界のアンチエイジングの現状を調査中ということだった。
既に欧米の主要な専門家はインタビュー済みで、一昨日来日され、昨日から坪田教授を含め、数箇所を歴訪されているだけあって、なかなか鋭い質問でこちらはしばしば立ち往生。
頼みとする上符院長は診察中で、コンシェルジェの美女軍団に助けてもらう始末。

質問は又ダイレクトである。
貴クリニックは学問のためか,儲けのためか?
名誉院長が後者と言うはずはないでしょう、とお答えした。
むしろ、院長が患者思いの大変良心的な学者なので、経営に難渋しているとつけくわえたので、納得された模様。
今ひとつ面白かったのは、日本にはセンテネリアン(100歳以上の人)が多いが、その7割が寝たきりだそうだが?と聞かれ返答に窮したが、彼女の狙いはそれらの人々を又社会復帰させることも、アンチエイジングの使命ではないかという厳しい問いかけだった。

その合間に、ホテルオークラの大崎会長が近くまで来たので、とクリニックに立ち寄ってくださった。ゲストブックの一言は、さすが会長、見るべきところはシッカとご覧になってると感心した。
b0084241_2246378.jpg

最後はキズケア委員会のメンバーとの月例会議。

オットこれで最後ではなかった。
これからまだ夜半?まで、上符院長とスタッフを交え、11月23日の公開シンポジュームの打ち合わせがある。
[PR]
by n_shioya | 2006-10-27 18:53 | アンチエイジング | Comments(0)


<< 皮膚の若返りの研究会 父よ貴方は強かった >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム