ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
この道はいつか来た道
与党が共謀罪を単独でも採決しそうだと聞き慄然とした。
あの忌まわしい治安維持法に通ずる法案だからだ。
なんのかんの言い逃れをしているが、意図は明白である。テロ対策に名を借りた国民の口封じだ。
本当にテロ対策なら、国境を越えた問題に限るとすればよい。
政争に明け暮れ、権力維持に汲々とするのが為政者の常である。都合の悪いことはまず隠蔽し、ばれれば論理をすり替え、それもかなわなくなると、開き直ってワンフレーズを馬鹿の一つ覚えみたいに繰り替えす。後は数の論理で押し通すだけだ。
いったんこのような悪法を通したら、スパイ行為盗聴も合法化され、やがては言論の自由も奪われ、思想もコントロールされる。

大げさなと言わないで欲しい。
為政者の犬に過ぎぬ霞ヶ関の住人たちは、保身と出世のためなら恥も外聞もない腑抜けである。しかも税金と自分の小遣いの区別もつかぬ低脳ぞろいである
テニヲハをちょっといじるだけで、法律を骨抜きにする天才集団で、国民を縛るためには法律を強行するが、同じ法律を国民の利益と保護のために適用しようとは微塵も思わない。
いったんこれが通ったら、如何に捻じ曲げられていくか、想像するだにおそろしい。

言論の自由が奪われるのはまだよい、抵抗の手段がないわけではないから。
恐ろしいのは“考える自由”を奪われることだ。思考の中枢をかき乱し麻痺させる。これだけは戦時中の思想コントロールを経験したものでなければ分かるまい。
しかもこのプロセスは徐々に進行し、気がついたときは国民が皆見えない鎖につながれている。
しかも現体制が地殻の変動で崩壊しても、おそらく共謀罪の乱用については誰も責任が問われないだろう。日本は太平洋戦争以来、開戦も敗戦もその最高責任者をかばうことで自分たちも免罪符を勝ち取った奴等が、阿吽の呼吸で支配している無責任体制の国だからである。

しかも日本には真のジャーナリズムは存在しない。あの記者クラブというぬるま湯的な馴れ合い体制を廃止して、もっと果敢に権力に立ち向かうガッツもないのか。

共謀罪を強行採決しようとする輩に、僕は狂暴罪を適用したい。
[PR]
by n_shioya | 2006-11-12 22:33 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 請う、隗より始めよ! 女の一生 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム