ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
イン メモリアム
ニューヨークの長男からフォトアルバムのブログを開設したから見てくれと、メールが入った。
ところがソフトの関係か、真っ白な枠が並んでいるだけで、フォトらしきものは開けない。
が、本文の最後に、カークが亡くなったと書かれていた。
このところ訃報が続く。

カーク・スタットランダー
もう、結婚だの出産だのより訃報が増えても仕方がない年だが、アメリカ留学時代にもっとも親しかった友人で、8年間の家族ぐるみの付き合いだった。
奥さんのマーリーンは数年前になくなったが、若い頃はマリアカラスから険を取ったたような美人だった。
ニュージャージー州のジャージー市のさして裕福でない家庭に育ち、オルバニーでレジデントを終了後は、同じニュージャージーのモンクレアで開業し、精神科医として成功を収め故郷に錦を飾ったといえる。

高校卒業後スイスにわたり、ローザンヌの医学部を卒業してから、ニューヨークに戻り、オルバニーでインターン生活をはじめ、そこで同じインターン仲間として、僕は知り合った。

ヨーロッパでは完全に彼の地の文化の虜になったようである。
人は誰でも二つの故郷を持つという、生まれ故郷パリと。
彼も完璧なフランコファイル(フランス狂)だった。
フランス人は人生の楽しみ方を知っている、例え金がなくても。というのが口癖だった。
フランスから持ち帰った小さなコーヒー沸かしで、エスプレッソを入れるのは彼の食後の儀式でもあった。
“美味い””というと“どんなに?”と形容をせまる。
セレスチアル!(天上の味)”といってやった時のパッと輝いた彼の顔はいまでも覚えている。

一緒にキャンプもした。
コネティカットのストラットフォードというビーチにテントを張り、昼は海水浴、夜は交代でベーベイシッターをしながら、本場のアポンエイボンを真似したシェークスピア劇を楽しんだものである。

こうして僕は又かけがえのない友に先立たれた。
今古いアルバムを探すに、彼の写真が見つからぬ。代わりに昔の僕のつたないスケッチを彼の霊前に捧げる。
b0084241_19181416.jpg

[PR]
by n_shioya | 2006-12-03 16:39 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented at 2006-12-04 09:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-12-04 10:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< エノケンと創傷治癒 毛根を増やそう >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム