ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
旅の本
三本に分かれたネプチューンの銛を思わせる赤いハイヒールの踵先を描いた表紙の図柄に魅せられて、つい東京駅のニューススタンドでペーパーバックを買ってしまった。
三叉の銛はイタリヤのスポーツカー、マセラッティのエンブレムでもある。
題は“Devil wears Prada”.“プラダを履いた悪魔”とでも訳すか。
三時間の新幹線の旅にはうってつけのミーハーブックのようだ。

b0084241_9412242.jpg昔から飛行中は眠ることが出来ないので、国際線に乗る前に肩のこらないペーパーバックを仕入れるのを習慣にしてきた。
30年前のヨーロッパ旅行がその始まりで、今でも覚えているが、“Coffee,tea or me?”
これも訳せば“如何?、コーヒー、紅茶それとも私・・・”という、スチューワデスの生態をおちょくった本だった。
それぞれのエアラインのスチューワデスのタイプや転び方、転ばせ方が面白おかしく書かれてあり、パリまでの長丁場を退屈しないで過ごせたのである。
TWA尻軽だが、パンナムお高く留まっている。何とかはどうでこうでと要するにどのエアラインのホステスも口説き方次第といった感じだった。
読み終えて進呈すると、先方はとうにご承知で“実際はもっと過激よ”とウィンクしてくれたのもパンナムのスチューワデスだったと思う。

アーサーヘイリー物も機内読書に向いている。ストロングメディシン、ホテルなどもこうして読了した。
フレデリックフォーサイス、ジェフリーアーチャーも悪くない。
ジャッキーという女”も長旅を忘れさせてくれた一つである。
要するにミーハー度ゴシップ度が高ければそれで充分目的は達せられる。
こういうのを読んでる時は、知らない単語は目に入らないから都合がよい。

ところで今度の“プラダを履いた悪魔”だが、ブラウン大学卒の女の子が、ニューヨーカーの編集に憧れ、その前段階としてファッション誌の仕事につく。
そのオーナー社長がとんでもない気まぐれな独裁者で、それとのドタバタが始まったあたりで国際線と違い、新幹線を往復しまったので、あとは暇を見ながらぼちぼちと。

ところで今気がついたが、すでにメリルストリープアンハサウェイのコンビで映画化されているらしい。
皆さんとうにご鑑賞済みですかね。
[PR]
by n_shioya | 2006-12-24 22:36 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< クリスマスプレゼント 賢治の古里 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム