ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
生きがいとは
数ヶ月前、バーリントンハウス馬事公苑でアンチエイジングのお話をしたときのこと。
何時ものように、
“アンチエイジングで心身とも若返ったとしましょう。だが、それはなんと為?”と問いを発した。
“それはQOL、人生の質を高めるため”
という答えを引き出してから、これも何時ものように,ではQOLとは何でしょうと対話は続く。
“それは生きがいでしょう。”
“ではその生きがいとは?”
そこで僕の持論である、“生きがいとは人に必要とされている感じ、例えそれが錯覚であっても。”を父の例を引いて展開した。

“僕の父は85歳まで世田谷で内科医を開業していました。
引退後は熱海のケアホテルに居を移し、好きなだけ三島スプリングスに通う、ゴルフ三昧の生活が始まりました。しばらくはルンルンでした。ところが半年ほどすると、なぜか落ち込んでしまったのです。

“ナア、信幸。俺はこれまで60年近く病む人のためだけに尽くしてきた。それがどうだ、今はゴルフは好きなだけやれるが、何も世のため人のために役立ってない。この俺に生きてる意味があるだろうか”というのが親父の嘆きでした。

ちょうどその頃、マンション内で住人同士のトラブルがあり、最長老ということで調停役に引っ張り出され、何とか内輪もめが収まりました。それから居住者の会の議長に押され、
“まあ聞いてくれ、信幸。この俺でもまだ役に立つのだ”と見違えるように元気になりました。

それから自分の考案した呼吸法を著書として出版し、それが評判になってゴルフダイジェストの連載が始まり、更には講演旅行で日本を駆け巡る生活が始まったのです。

だから皆さん、どんな小さなことでいい、たとえそれが自分の錯覚でもかまわない、人は人に必要とされている感じが必要なのです。それが生きがいの源でしょう。”
と何時ものように締めくくった。

“私は異論があります。”と一人の男性が発言した。
“私はこれまで充分働いてきた。やっとここを安住の地とし、静かに余生を楽しみたいと思ってる。それじゃいけないということですか。”

僕こう答えた。
価値観というのは人さまざまです。そして高齢者ほどその幅は広がります。
今申したQOLも生きがいの考えかたも、価値観の一つとお考え頂きたい。その価値観を生かすためにはこのような手立てがある、つまりアンチエイジングといっても多様な価値観に対する選択肢の一つというわけです。”
と答えながら自分でも、何か物足りなさを感じていあた。
まして質問された方が納得されたかどうか、今反省している。

というのは数日前に載せたたように、黒井さんの「老いるということ」を拝読して以来、老いと言う事の多面性について考え続け、更にこの分野の本数冊に目を通し、益々生きがいというのが一筋縄ではいかないことが、だがそれだけ奥の深い問題だということがやっとわかりかけてきたからである。
[PR]
by n_shioya | 2007-01-09 23:36 | アンチエイジング | Comments(0)


<< 老いの受容とゴルフのハンディキャップ コーヒーとアンチエイジング >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム