ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
人生は決して色褪せない
“これ如何でしょう”と秘書嬢が手渡してくれたのは、「ヘンダーソン夫人の贈り物」というイギリス映画のパソコンからのプリントアウトだった。
“ふむ、ジュディ・デンチが主演か、これにしよう”と僕はわかったような返事をした。
午後のアポが急にキャンセルになり、しばらく観てないのでなにか映画が見たいと、このところ配偶者が言い募っていたので、何かいいのは無い?と秘書嬢に検索を頼んだのである。
楽しくてきれいでというのが、配偶者の希望であった。

数時間後、東急文化村で配偶者と落ち合い、カフェドゥマゴで軽くランチを済まし、平日の午後でガラガラのル・シネマにおさまった。

夫を亡くし、突然莫大な遺産が転がり込んだヘンダーソン夫人は、ロンドンのウェストエンドのウィンドミルという劇場を買い取り、その頃としては破天荒なヌードレビューをおっぱじめる。
やがてドイツのロンドン空襲が始まり、ロンドンは瓦礫の山。灯火管制を命ずる当局との軋轢の中で、敢然として地下の劇場でショウを続ける。
なぜ彼女がそこまでヌードショーにこだわったか、何が贈り物なのかは最後に分かるが、それは観てのお楽しみとして、やはりデンチは大女優である。以前見たのは“恋におちたシェークスピア”のエリザベス女王だったか。

何より楽しめたのは、イギリス人の不屈のユーモア精神である。
逆境にあるほど、自分自身を笑いのめす。
僕は昔、アメリカでのインターン時代に接した、イギリスからの交換研修医のしたたかさを思い出した。
当時、アメリカに唯一残された奴隷制度とまで言われた苛酷なインターン生活の中で、ほかのインターンたちが仕事に追いまくられて、罵詈雑言が飛び交うような時でも、彼等だけは決して弱音を吐かず、キリキリ舞いしている自分自身を茶化す余裕を持っていた。
自分自身をからかえることこそ本当のユーモアだと思い知らされたのである。

ところで劇場の入り口で渡されたチラシの言葉が気に入った。
人生は決して色褪せない
いいじゃないですか、そのままアンチエイジングのモットー頂きである。
b0084241_1005149.gif

[PR]
by n_shioya | 2007-01-23 22:45 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented at 2007-01-23 23:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-01-24 09:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 安心してかかれる美容外科を目指して 老いの兆しーその1 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム