ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
息子の作品?
b0084241_12265019.gif兄貴の記事が出てるよと三男から手渡された雑誌ヌメロの創刊号の表紙を眺めていると、レストランのマネージャーから、“先生、エッチね!”とたどたどしい日本語で声をかけられた。彼はオーストラリアから来たばかりである。
雑誌の表紙には、上半身ヌードの美女が、下半分は人魚のコスチュームで挑発的なポーズを取っている。

長男はアメリカ生まれで日本の芸大の彫刻科を卒業したが、又ニューヨークに舞い戻って
しばらくは彫刻一本で食うや食わずで頑張っていたが、やっと日本で買い手がついたにもかかわらず、日本の税関で猥褻物として押収されてしまったというからどんな作風かは御想像に任せる。
その後は彫刻と香水の融合を試みきたのがやっと認められたようだ。

“いや、息子の作品はこの表紙じゃなくて、中に紹介記事があるんだ”といっても、“イアー息子さんもなかなかエッチですね。だが、センスがある。”と頭から息子のことをヌード写真家と思い込んでしまっている。

b0084241_12273256.gif
だが気がつくと僕も雑誌を渡されてから、ひたすら人魚のヌードに魅せられて、肝心の息子の記事に目を通していなかった。

ま、もう一寸人魚の上半身を鑑賞してから、息子の記事はゆっくり目を通すことにしよう。
[PR]
by n_shioya | 2007-03-18 23:38 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 会議、会議、そして又会議 硫黄島に死す >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム