ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
異邦人たちのパリ
b0084241_17451972.gif国立新美術館ポンピドーセンター展を見てきたところである。
なのになぜかむしゃくしゃしている。

パリでポンピドウーセンターは何回か訪れ、おおよその作品は知っているつもりである。
勿論所蔵作品は膨大なものだから、まだ見ていないか記憶にない作品がいくつか見れたのはいいが、まず、あまりたいした作品が来ていない。
それを異邦人たちのパリと括っているのは、そもそも20世紀のパリの作家には異邦人が多いので、何の意味があるのか判然としない。

それよりモダンアートに対する不満かもしれない。
芸術作品は見て楽しく感動できればよいはずで、説明を受けなければ分からない判じ物みたいなものに何の意味があるのだろう。
ことにぼろきれ古家具など、粗大ごみでも断られそうな代物が、一旦展示されれば芸術作品になるということなのか。

そりゃ、造るほうは勝手でしょう。だが、見るほうだって拒否したりけちをつける権利はあるはず。
勿論藤田、シャガール、ミロそしてピカソなどのいい絵もいくつかあった。

この辺から気持ちが微妙にゆらぐ。
マチスやピカソなども、なんて滑稽なこれがまともな絵なの?といぶかった子供時代を思い出すからである。

それが慣れなのか、啓蒙なのか、今では違和感がないどころかわざわざヨーロッパまで高い金を払って見に行こうとするではないか。
そして子供の時に感激した古典的な具象画だけでは今は物足りなく感じてしまう。
馴染み深い印象派にしても、もしそれだけだとしたらと考えてしまう。
観るほうでもそう感じるのだから、作家となればやはりあらゆる表現手段を駆使したくなるのも無理はない。

いいものはいい、と単純に言い切れるところまで自身の鑑識眼に自信がもてればいいのだが。
昔知り合いの画商に言われた言葉を改めて思い出した。
“作品の本当の良さが分かるようになるには、自分で身銭を切ってこれを思うものを、試行錯誤しながら買いあさらなければ駄目ですよ。”
確かにそうかもしれない、それじゃなきゃ画商が成り立たないということはもっと確かである。

b0084241_17454118.gifところでこの新美術館、売りは三階のポールボキューズのレストランである。昼飯時ということで2時間まちの行列がとぐろを巻いていたので、我々は二階のカフェでサンドウィッチをつまんで、エスプレッソを啜り、こちらは充分満足することが出来た。
[PR]
by n_shioya | 2007-03-28 18:53 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< パエリア ミッドタウンクリニック内覧会 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム