ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
不老不死
b0084241_1413352.gifこのところ不老不死に凝っていると聞いてか、ゴルフダイジェストの宮野氏が一冊の新書を手渡してくれた。
不老不死のサイエンス
著者はもと都老研でいま香川大学の薬学部教授の三井洋司氏である。
不老不死には程遠いが、老化に関する動物学の現状がよく分かり、大変面白かった。

つい最近までは僕自身、アンチエイジングとは健康長寿が目的で、不老不死を目指す一部のアメリカの学者達をおこがましい、ブッシュ程度のメンタリティと非難してきたが、何かのきっかけで急に考えが改まった。

勿論不老不死が可能だと主張しているではない。だが不可能という証拠実証もないのである。
また、今まで不老不死はありえないと点から決めてきたために、かえって不老不死などと気軽に口にしてきたのではないかと気がついたのである。

改めて考えると、不老不死それぞれ何を意味するか、定義から必要になる。
まず不老について言えば、どこから老化が始まると考えるかすら明確でない以上、不老とはどの年齢を維持するのか、それとも成長を続けることになるかすら論議されていない。
又、不死と言ったとき、病死老衰をなくすことは分かるが、外傷なども含まれるのか、つまり殺人も不可能になるのか。

定義はともかく、不老不死が可能になったらどんな問題が起こりうるか、これをじっくり検証するといろいろと面白い可能性に気づかされる。
例えば、去年中谷氏はシンポジュームで、自分にとってアンチエイジングとは100歳までエッチをすることと言い切られた。
一方我が厚労大臣は女性は産む器械と定義された。
ということは不老不死が可能になれば、男は永劫にエッチを続け、女性はこれまた未来永劫子供を生み続けることになる。

現実には、中谷氏の子供、孫ひ孫等々だけで地球は溢れてしまうかもしれない。
そしたら食うものはどうする?
火星へ侵攻?宇宙戦争の始まり?

ま、冗談はこのくらいにして、それでも僕が不老不死にこだわるのはタブーを嫌うからである。少なくも考えることに封印をしたくないからである。
そうすればもっと死と生も明確にせざるをえなくなるし、アンチエイジングの意義ももっとすっきりしてくるだろうから。
[PR]
by n_shioya | 2007-04-22 22:13 | アンチエイジング | Comments(0)


<< ライフネオ頑張れ 言うなかれ、君よ、別れを、 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム