ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
政府主導の振り込め詐欺
どうも最近日本語が乱れている。

若者のことといっているのではない、あの直截な表現はむしろ一つの文化いえる。
問題は政治家や役人たちの言葉のすり替えである。

年金問題にしても、じぶんたちの犯した罪を棚に上げて、しらじらしく救済措置という言葉を使う。常識的にはまず謝罪があり、必要とされるのは弁償措置というべきでないか。

責任逃れの体質は首相にも及んでいる。
たとえば慰安婦問題にしても、連行措置狭義広義に分けることに何ほどの意味があるか。これはむしろあの狂気の時代を経験しなかったものの無知をさらけ出したに過ぎない。それとも前首相直伝外交音痴のなせる業か。

戦争を知らない子供たち”は、日本がドイツの尻馬に乗って、レーベンスラウムの拡大に励み、あげくには大東亜共栄圏という偽名の元に韓国を併合し、満州国を傀儡国家にしたて、中国も植民地化しようとしたことをしらない。

その失敗を敗戦といわず終戦とごまかし、占領軍進駐軍と言う名のオブラートをかぶされた。
そしてその侵略の最高指導者は外人記者に責任を問われたとき、自分には言葉のアヤはわからないと言語明瞭意味不明瞭な言葉で逃げて、国民を含め海外の被害者に対して謝罪もせずに他界した。
これが官僚の無責任体制を援護してきたといっても過言ではないだろう。

今の日本の若い子が、アメリカと戦争をしたことも知らないのがほとんどといっても言いすぎでないという。
娘が昔高校留学で寄宿舎生活を始めたとき、韓国の留学生が絶対に日本人とは同室にならないとごてたとき、娘は始め何で嫌がられるのかさっぱりわからなかったという。

年金問題に戻ろう。ある評論家も言っていたように、端的に言えば政府主導の“振込め詐欺”である。これに監査処罰が入らないのはどういうわけか。
税金問題にしても、特に消費税など、税金の今の使われようなら政官財がぐるになった強奪事件といわざるを得ない。

そう考えると、「美しい日本」とは、イラクや北鮮に比べればまだましということの日本語的表現なのかと、毒づきたくなる。

こうして僕がカッカ来るたびに配偶者は言いかえす。
“こんな日本が皆が好きなんだからしょうがないじゃない”と。
[PR]
by n_shioya | 2007-06-05 22:28 | コーヒーブレーク | Comments(1)
Commented at 2007-06-11 13:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 名古屋のAACクリニック新装オープン 山の生活 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム