ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
北里よ、目を覚ませ!
b0084241_2263054.jpg北里大学を退官してもう10年になる。
だが、教授として23年レジデントに蹂躙された(君臨したではありませんぞ)北里大学医学部は僕にとっては本当の母校であり、その同窓会には可能な限り顔を出すことにしている。
今日はその何回目かの同窓会と懇親会が京王プラザホテルで開催された。


両脇は左が初代解剖教授のヤスケン事安田名誉教授、右がやはり解剖の二代目山科名誉教授
b0084241_2245790.jpg

僕があえて北里を母校と言うのは、アメリカ帰りの頓珍漢な迷惑男を温かく迎え、23年間も勝手気ままな振る舞いをさせてくれたからである。
医局の壁を取っ払い、この上なく風通しはよく、人事も予算も制限のない、今思えば夢のような23年であった。

懇親会の席で乾杯の音頭を取った第一期生の安海君が檄を飛ばした。
“昔の北里は素晴らしかった。今は一寸たるんどる。しっかりせい!”

だが今は医療の冬の時代である。
これを乗り切るためには、ドイツの空爆に耐えるロンドン市民を激励したチャーチルの名演説を引用したい。
United, we stand. Devided,we fall!”
そしてロンドン市民は一致団結して、イギリスはドイツを破った。

北里の同窓会諸君!
我々も一致団結して北里大学医学部を支え、日本の医療改革の先駆者たらんとスタートした初心に戻り、荒廃した日本の医療を立て直そうではないか。
[PR]
by n_shioya | 2007-06-09 23:00 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< ドレスデン、運命の日 山恋し >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム