ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
企業のクリニック経営は何故破綻するか
このところ毎週のように美容やアンチエイジングのクリニック開設の相談が舞い込む。
ほとんどの場合もうクリニックスペースも出来て、誰か院長をと言う依頼である。
エステサロンの経営者とか、不動産業者とか医療に参入してみたいと言う異業種の方が多い。
そのような場合僕は先ず、企業の医療経営は先ず失敗しますよ、と申し上げることにしている。
理由はいろいろあるが、
①端的には金の配分の問題である。企業側は資金は自分たちが出してると思い、医師は自分たちの腕で稼いでいると思う。
院長の責任の重さは企業は理解せず、コンビニの一店舗を開くぐらいの認識しかない。医師は企業の設備投資と集客にかかるPR等の莫大な経費は理解できない。
③法律的には企業が直接クリニックを経営できないので、迂回措置が必要となるが、これが矛盾を生む。
④企業の本質は利潤追求にあるが、医療は枠無しに理想を追求すれば必ず赤字になる。

この辺の事情はいくらご説明しても、又頭で分かったつもりでも、現実にはギャップを埋めることは至難の業である。

今一番トラブルが多いのはエステ経営者がクリニックを持とうとするときである。
単純にエステと医療の相乗効果を狙うが、実際にはお互いに相手を頼って、共倒れするケースが殆どだ。

今アンチエイジング流行だが、アンチエイジングはまだ地道な基礎固めが必要な時期で、決して金のなる木ではない。

勿論僕はなにがなんでも駄目だと言ってるのではない。
本音はエステと医療の共存共栄が可能だし、それが望ましいと信じている。
又、アンチエイジングの世界もこれからは産学協同の時代と思う。

どうすればそれが可能か?
試行錯誤の末、やっと成功にこぎつけた例もないではない、我々グループのように。(本当かな)
だがサイトで無償で提供するにはあまりにも貴重なノウハウなので、手の内は明かさないでおこう。
ただ、医療側と経営側と絶えず問題をぶっつけあいながら、一体となって難問と取り組んできたことは確かである、このフォトのように。
b0084241_10155651.jpg

[PR]
by n_shioya | 2007-06-20 23:21 | アンチエイジング | Comments(0)


<< 劇団あんぽんたん アメリカ留学 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム