ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
メンズヘルスセミナーin京都
夜八時半過ぎ
メンズヘルスセミナーも盛況裡に閉幕し、学会の公式行事はすべて終わった。

参加人員2600名。これは正規に参加費を払った方の数で、招待客や企業関係の方を入れれば実動3000人に達したのではなかろうか。
抗加齢医学の幅の広さに驚かされると共に、いろいろの分野の方々の知遇をえた実り多き学会だった。

学問としてはまだまだ発展途上であるが、先ずこれで一つの学問分野として確立したといえる。
これからの課題は
①ホルモン補充療法の効用と限界
②加齢に関るバイオマーカーの開発と普及
③パーソナルサプリと言うコンセプトの実現
④運動選手でなく、一般の人に対する運動の効果の検証と処方の確立
⑤認知機能の維持と改善
⑥皮膚を含め、容貌、体型の加齢による変化のデータの蓄積と、対処法の整理
この最後の課題は市橋、大慈弥両理事と、新たな研究部会を設立して、進める方向で話を進めている。

来年は白沢会長のもと東京で開催。
白沢先生は7月に順天堂大学の教授に就任された。
白沢カラーの学会、どんなものになるか今から楽しみである。

学会終了後は京都市内の某料亭で、メンズヘルスセミナーのメンバーの打ち上げ会が、夜半過ぎまで続いた。
b0084241_14473565.jpg

[PR]
by n_shioya | 2007-07-21 23:59 | アンチエイジング | Comments(0)


<< PSA難民とは 学会第一日目 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム