ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
PSA難民とは
ところで昨日の「メンズヘルスセミナーin京都」だが、ハイライトを忘れない内に書いておく。
b0084241_1436938.jpg

①今までの医学は男のデータが中心だと言うことで、最近はジェンダースペシフィック メディシンといって女性の医学が強調されているが、実際は男性特有の問題というのがなおざりにされている。これが札幌医大の熊本名誉教授の切なる訴えである。
男の活性のもとはテストステロンである。これが男を男たらしめている。男らしさ、その横暴さも含め、テストステロンエンジンオイルである。年をとって丸くなったなど言うのは、テストステロンが足りなくなったと言うことに過ぎない。
テストステロンの減少とメタボリックシンドロームの発現は関連があるようだ、と言うのが東大の秋下準教授のお話である。
③そのテストステロンの補充に、テストステロンゲルを考案し、その効果を発表されたのが、水島名誉理事長だった。
④東大の吉村講師は“男のスキンケアと美容”について、男も見た目の時代と言うことを強調された。
洗髪は月一回散髪のときだけ、顔も体も石鹸で洗うのは年に一度か二度という、このブログの筆者には耳の痛い話しだった。
サプリの一般論と抗酸化サプリについて話されたのは、この分野の第一人者、名古屋大学の大沢教授だった。
⑥最後に帝京大学の堀江教授が、“前立腺と酸化ストレス及びテストステロンの関係”を分かりやすく解説された。
またPSAが高濃度だが、どこにも癌が見つからず、悶々と苦しむいわゆる方たちに対して、PSA難民と言う言葉を提唱され、これに対し自身が開発された前立腺病変予防のサプリメントの有効性をご紹介をされた。
[PR]
by n_shioya | 2007-07-22 23:59 | アンチエイジング | Comments(0)


<< モーリッツブルグ城 メンズヘルスセミナーin京都 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム